知育玩具

マグビルドの1歳からのおすすめの遊び方【体験レビュー】

マグビルドって1歳からでも遊べるのかな?
ゆるパパ
ひまわり
マグビルドの遊び方は自由自在だから工夫すれば1歳からでも十分遊べたよ

わが子の1歳の誕生日プレゼントにマグビルドを購入しました。

マグビルドの対象年齢は3歳からですが遊び方を工夫すれば1歳のわが子でも十分に楽しめる知育おもちゃです。

本記事では1歳からの知育玩具としてマグビルドの遊び方をを紹介します。

マグビルドでおすすめの遊び方

購入したマグビルドは「スロープ&ボール付セット(72ピース)」です。

ひまわり
実際に開封したマグビルドはこちら

 

開封時のマグビルド

 

マグビルドの「スロープ&ボール付セット(72ピース)」の内容はこちらです。

  • 正三角形
  • 二等辺三角形
  • 直角二等辺三角形
  • 正方形(大・小)
  • 長方形(大・小)
  • スロープ部品

いっしょに同梱している説明書には低月齢用の遊び方は記載されてないです。

実際に遊んでみて紹介したいおすすめの遊び方はこの6つです。

  1. パネルを重ねたり、つなげたりする
  2. 大人といっしょに立体的な図形を作ってみる
  3. スロープのコースをつくってボールを転がす
  4. 壁に貼り付けて遊ぶ
  5. ごっこ遊びのおもちゃにもなる
  6. 遊び終わったらパネルを重ねてお片付け

①パネルを重ねたり、つなげたりする

積み重ねたマグビルド

マグビルドは四角形や三角形のパネルを組み合わせて、いろんな形を自由に作ることができます。

まずはわが子にいろんな図形をつくらせてあげようと意気込みますが・・・大人でもなかなかたくさんの種類の図形をつくるのは難しいですね。

きちんとしたカタチになっていなくてもいっしょに楽しみながら組み合わせていきます。

②大人といっしょに立体的な図形を作ってみる

大人が作ったマグビルトの図形

子供がパネルに慣れてきたら、大人が立体的な図形を作っていきます。組み立てた後も磁石の強さはある程度しっかりしているので軽く触れただけでは崩れません。

基本は四角形パネルで正方形や長方形のブロックをつくって、三角形パネルでつくった三角錐を上に乗っければそれなりの作品に完成です。

ただ、結構な力作をつくってもあっけなくわが子に崩される場合もあります。

③スロープのコースをつくってボールを転がす

丸穴があいたパネルにはスロープのパーツが取り付けできます。

結構ロックがしっかりしているので、幼児の指の力だけで取り付けるのは厳しいかなぁと思います。

ウオータースライダーのコースをつくっていくような感覚でワクワクしながらつくっていきます。

マグビルド スロープのコース

コースづくりはけっこう工夫が必要なのでわが子より夢中になってしまう自分にハッとした時も多々ありました。

完成した作品で一度スロープにぼーるを転がしてみると、わが子はボールがスロープ内を転がるのに興味津々で何度も自分でスタート位置からボールを転がしています。

注意しておきたいのはボールの大きさは大体直径3.5cmと小さめなので誤飲には気をつけながら遊ばせるようにしています。

④壁に貼り付けて遊ぶ

壁に貼り付けしたマグビルド

マグビルドは積み木のような使い方以外にも自由度が高く使えます。

例えば冷蔵庫やホワイトボードに貼り付けできるので、わが子の手でくっつけたりとったりして遊んでいます。

大人が貼り付けて欲しいパネルを言葉で伝えたらわが子からパネルを選んで取り付けてくれるようになりました。

⑤ごっこ遊びのおもちゃにもなる

マグビルドでつくったしまじろうのベッド

マグビルドで家を作ったり、ベッドを作ったり、椅子を作ったりすることでごっこ遊びもすることができます。

わが子は今しまじろうやパンダのぬいぐるみがお気に入りなのでマグビルドでつくったものでごっこ遊びもしています。

⑥遊び終わったらパネルを重ねてお片付け

収納後のマグビルド

使ってみて初めてわかったのは、磁石がいい感じにはたらいて簡単に綺麗に重ねることができます。

きっちり重ねたパネルは収納しやすいので場所も取りません。

片付ける時はわが子に「赤色の三角はどこにあるー?」と問いかけながら、遊び感覚で色や図形を覚えていくようにしています。

スロープだけはコンパクトにはできないので小さいバケツに収納していくことにしました。

 

マグビルドを使ってみて子供の成長に良いと感じたこと

ココがおすすめ

  1. 空間認知、図形が身近に学べる
  2. 追視の練習ができる
  3. 指の運動にもなる
  4. 色の認識を養える

①空間認知、図形が身近に学べる

一歳の時期からでもいろんな形を平面や立体で見せることで遊びならがら図形を学ぶことができます。

1歳時点では自分からいろんな図形は組み立てられませんが、大人がつくってあげることで図形に触れあう機会を増やすことができます。

図形を組み立てた後も、手に持って持ち運びができるのでいろんな角度から図形を観察することもできます。

②追視の練習ができる

スロープのボール転がし遊びは、目で追いかけるので追視の練習にもなります。

ボールを転がるスピードをスロープの高低差で調節してあげれば月齢にあった追視の練習ができます。

③指の運動になる

磁石の強さは強すぎず弱すぎずの感じで、1歳のわが子の指の力でもくっついたパネルを離すこともできます。

組み立てした後はわが子の自由に触れさせてあげて崩してもらっています。

④色の認識を養える

カラフルな色のパネルなので、1歳からでもしっかり色の見分けがつきます。

同じカタチでも色の組み合わせを変えてみたり、色彩感覚を養いながら遊べるのも嬉しい点です。

マグビルドに関するよくある質問

マグビルドはどこで買える?

インスタで話題になっているKitwell社のマグネットブロック「マグビルド」をわが子の1歳の誕生日プレゼントに購入。

以前は品切れが続いていたそうですが、私の場合は楽天市場のKitwell(キットウェル)で普通に購入できました。

Amazonでも販売していて、値段は同額ですが楽天市場の方がポイント還元の分で安く購入できました。

時期にもよりますがマグビルドを2点、3点と多く購入することで割引もあるので購入するなら楽天市場がおすすめです。

マグネットおもちゃはたくさん種類があ理ますが、スケルトンパネルのデザインと磁石の強さに魅力を感じてマグビルドを選択しました。

マグビルドでおすすめの商品は?

楽天市場で販売しているマグビルドの商品はこの3つです。

時期によっては売り切れになっている場合があるので、楽天市場でご確認をお願いします。

・マグビルド/スロープ&ボール付セット(72ピース)

・マグビルド/ベーシックパネルセット(70ピース)

マグビルド スケルトン 100ピース 車輪付き 

商品画像1

おすすめはマグビルド/スロープ&ボール付セット(72ピース)の商品です。

パネルブロックとスロープの組み合わせは無限大でいろんな図形で遊べますし、スロープのボール転がしはわが子はとても興味津々でした。

1歳のわが子は丸の形がとても気になる時期で家の中のあらゆる丸を指差ししていました。そのため、丸穴付き四角形ブロックが多かったこともスロープ&ボール付セットを購入した理由です。

 

スポンサーリンク

-知育玩具

© 2022 ラクイク Powered by AFFINGER5