育児

新生児からジュニアNISAを始めました【教育への先行投資】

ジュニアNISAって開設した方がいいの?いつから始めることができるの?
Mama
Papa
ジュニアNISAは新生児からでも口座開設できるよ。資金に余裕があれば絶対に始めたほうがお得だよ

我が家では資産運用の一貫として新生児からジュニアNISAの口座開設をしました。

本記事では新生児からジュニアNISAを始めた理由と具体的な手順を紹介します。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは、2016年1月からスタートした「未成年者少額投資非課税制度」のことで、未成年でも株式や投資信託で得た利益が非課税となります。

大人用のNISAとあわせて子供の教育資金を投資して節税して貯めるにはジュニアNISAが最適です。

ジュニアNISAについてポイントをまとめておきます

  • 0歳から19歳までの子供に証券口座を開設できる
  •  年80万円、最長5年間投資ができる(合計400万円)
  • 5年間の投資完了後は19歳まで非課税で運用できる
  • 口座は2親等以内の親族が管理をする
  • 株、投資信託を購入することができる
  • ジュニアNISA口座の開設前に、親権者の口座が必要

ジュニアNISAのメリット

ジュニアNISAの以前の制度は使い勝手が悪く,18歳まで払い出し出来なかったです。

仮に途中解約した場合は非課税のメリットがありませんでした。

しかし、2023年のジュニアNISAの廃止に伴い利用価値が非常に上がったので、2020年あたりに出産された方はぜひおすすめしたい理由があります。

理由はジュニアNISAの新規口座開設は2024年(令和6年)1月1日以後は 払出し制限が解除されて18歳未満であっても、口座内の株式の全額について源泉徴収をされることなく払出すことができるようになります。

つまり2024年以降に株の保有していて、資金が必要になったタイミングで非課税で払い出しできるメリットがあります。

2020年ごろに0〜3歳の子供がいて長期投資できる余力あるご家庭はぜひ利用することをおすすめです。

ジュニアNISAの活用方法

ジュニアNISAでの資産運用に活用する方法を紹介します。

ジュニアNISAを活用する最大の目的は子供の教育資金の先行投資をすることです。

子供の教育資金は何かとお金が必要です。

子供が満足した教育を受けて自分のやりたいことを実現させてやるためには資金が必要です。

もし教育資金として余った場合でも成年後の資金としても活用ができます。

また、子どもの成長過程で自分自身の口座で投資を運用していることに関心を持ち、金融や投資のリテラシーを高めることができます。

ジュニアNISAのおすすめ投資先

投資期間が10年以上取れるので銘柄にも投資の法則からすると利益がとりやすいです。

我が家で利用している楽天証券ジュニアNISAのおすすめの投資先を紹介します。

口座開設する証券会社によって銘柄も異なるので、詳しくは各証券会社のホームページで確認してください。

全米株式インデックスファンド

これ1本で米国株式ほぼ全ての銘柄に分散投資することが可能です。

バンガード社のVTIに投資ができ、結果として米国株式市場の大型株から小型株まで、投資可能銘柄のほぼ100%となる約3,500銘柄へ分散投資が可能です。

楽天全世界株式インデックスファンド

全世界株式ファンドでは銘柄と地域の分散が合わせて可能なため、値動きが大きめの資産である株式を投資対象にしながらも、リスクを抑えつつ長期的な成長を狙うことができます。

複数の銘柄に分散して投資もできるので、リスクを分散させておくのも効果的です。

ジュニアNISAの始め方

ジュニアNISAを始めるときに実際にやることを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  1. 親が証券口座を開設する
  2. 親の証券口座からジュニアNISAの口座を申請する
  3. ジュニアNISAの口座開設の書類が送付される
  4. 必要事項を記入する書類があるので記入する
  5. 必要書類が記載されているので同封する。
  6. 送った書類が楽天証券に届くと審査開始の通知がくる。
  7. 口座開設完了。

 

最初はどのように口座開設をしたらしたらよいか分かりませんでしたが、調べたらすぐにでてきたのですぐ申請することでできました。

不備なく書類をてい提出することができれば②週間程度で口座開設することができます。

以上、読んでいただきありがとうございました

 

スポンサーリンク

-育児

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5