マタニティ 旅行

妊娠8ヶ月でマタニティ旅行を決意した3つの理由

赤ちゃんが生まれる前に最後に思い出づくりの旅行に行かない?
Mama
Papa
そうだね、妊娠中の旅行は普段とは違った思い出ができるね

本記事の内容

  1. マタニティ旅行を決意した3つの理由
  2. マタニティ旅行で注意したこと
  3. 島根出雲のマタニティ旅行記

 

マタニティ旅行を決意した3つ理由

  • 夫婦2人だけの思い出づくり
  • マタニティフォト撮影
  • 妻の気分転換

夫婦2人だけの思い出づくり

夫婦揃って旅行好きなので今までいろんな場所に訪れてきました。

赤ちゃんが産まれてからも、もちろん旅行はやめません。

夫婦二人だけの旅行はこれから難しくなると思ったので、思い出づくりとしてマタニティ旅行を決めました。

マタニティフォト撮影

妻の妊娠中にマタニティフォトを撮って思い出を残そうと計画していました。

家の中では定期的に撮影していましたが、せっかくなので普段とは違う環境で撮影するために旅行中にマタニティフォトの撮影を決めました。

妊娠中の妻の姿は人生の中で何度も見れるものではないので、旅行中に貴重な写真を撮れてよかったです。

妻の気分転換

コロナの自粛生活と妊娠・育児に不安を抱える妻に少しでも気分転換をしてもらいたいと考えていました。

ちょうど妻からもコロナが落ち着いた時期にどこか出かけたい要望があったので、マタニティ旅行を提案しました。

 

マタニティ旅行で注意したこと

マタニティ旅行の注意点はいろいろネットに掲載されていますが、私たち夫婦が気を意識したポイントはこちらです。

  • 母子手帳は必ず持ち歩く
  • 移動手段は車で夫が常に運転
  • 計画を詰め込みすぎない
  • 人混みは極力避ける
  • 観光はゆっくり、休憩はこまめにとる

母子手帳は必ず持ち歩く

妊娠中はいつ何がおこるか分かりません。

緊急時に病院に受診した際に、今までの妊婦検診の経過を病院側に伝えるためにも出かける時には必ず持ち歩きます。

移動手段は車で夫が常に運転

普段の長期連休は飛行機や電車で海外や国内の遠方の観光地に飛行機で行きますが、時間的に拘束されない自家用車での旅行を選択しました。

クッションや毛布を持参して妻にはできるだけ楽な体勢で過ごしてもらうようにしました。

普段なら長距離ドライブは夫婦で運転を交代する場合ありますが、今回は常に夫が運転しました。

長距離ドライブを一人で運転するので休憩多めで長時間運転は避けました。

計画を詰め込みすぎない

妊娠8ヶ月になるとお腹も大きくなるので歩くスピードが普段の半分ぐらい、さらに疲れやすい体質になってます。

1日に行ける観光地は少なくして、所要時間も短くして負担にかからないようにしました。

人混みは極力避ける

妻がコロナなどの感染症にかかることで、生まれてくる赤ちゃんに感染して後遺症が残ったりする場合もあります。

妻や私自身も後悔しないために人混みは極力避けました。

観光はゆっくり、休憩はこまめにとる

妊娠前と違い、30週を迎えた妻のお腹はとても大きくなります。

その分、お腹が張りやすくなる、

足元が見えづらくなり今まで通り歩けなくなる、息が切れやすくなったりとマイナートラブルが増えてきたため、

一箇所の観光地をゆっくり妻のペースで周ることが大切だと思いました。

 

島根出雲のマタニティ旅行記

島根出雲2泊3日

1日目:大阪〜島根移動→足立美術館→松江駅→松江城→八重垣神社→宍道湖→ドーミーイン出雲
2日目:出雲大社→日御碕神社→日御碕灯台→島根ワイナリー→キララビーチ→ドーミーイン出雲
3日目:稲佐の浜(マタニティフォト)→由志園→島根〜大阪移動

 

足立美術館

 

島根県の松江の前に庭園日本一といわれる足立美術館を最初に訪れました。

基本は室内から庭園を鑑賞するスタイル、絵画のような風景が定番の鑑賞スポットです。

猛暑日だったので室内の涼しい中で散策できたのは妊婦にもやさしい観光スポットです。

 

松江駅

 

松江駅で島根名物のシジミラーメンを食べました。

全国各地いろんなラーメンありますが、シジミと豚骨風のラーメンがちょっと意外でしたが抜群の味です。

松江城

 

旅行の定番お城巡りですが、松江市も立派な城下町であり松江城が有名です。

ただし、敷地内の広さや坂道の多さに天守閣の見学はを断念。

妻はベンチに休んでるとのことでその間に短時間で写真を撮り観光終了。

マタニティ旅行でのお城めぐりは控えようと反省してます。

八重垣神社

 

島根県は出雲大社以外にも立派な神社が多くあります、八重垣神社もその一つ。

駐車場からすぐに本殿があって敷地も広くないので少し散策する観光スポットには最適でした。

宍道湖

 

島根県で有数の夕陽スポット、宍道湖でのんびり観賞。

少し雲が多い天気でしたが、少しの間夕焼けが見れたので満足です。

出雲大社

 

島根旅行のメインテーマである出雲大社は2日目にゆっくり時間をかけて散策。

観光客は少し多めでしたが、敷地内は広いので混雑するような場所はなかったです。

コロナで外国人観光客もいない時期なので普段より空いてる感じでした。

日御碕神社

 

出雲のドライブで立ち寄った日御碕神社、朱の楼門が鮮やかに映えスポットです。

日御碕灯台

 

出雲絶景スポット、日御碕灯台をバックに素敵な写真が撮れました。

灯台内部の163段のらせん階段を登れば展望台にいけますが、妊婦の妻にはさすがに無理なので断念。

島根ワイナリー

 

出雲大社の付近にある島根ワイナリーでお土産を購入。

夫婦揃って禁酒中ですが、ジュース系の商品も充実していたので良かったです。

キララビーチ

 

ガイドブックには載ってない出雲の穴場ビーチ、ほとんど地元の人ばっかでした。

夕焼けの時間帯に立ち寄るのがおすすめです。

稲佐の浜

 

島根でマタニティフォトを撮りるなら稲佐の浜で決まりです。

朝一に立ち寄れば人も少なく、岩場の神社も神秘的で素敵なマタニティフォトが撮れました。

由志園

 

島根で見つけた庭園スポットです、営業開始直後に立ち寄ったのでほぼ貸し切り状態で優雅な庭園散歩ができました。

頑張らない離乳食のためにやるべき7つのこと

離乳食が始まってなにか意識したことある?Papa Mamaストレスをためないようにがんばりすぎないようにしただけかな 離乳食のス進め方や献立などいくらでもこだわれますが、実際は他の育児におわれている中 ...

続きを見る

島根の旅行ムービー

島根の旅行動画を作成しました。

期待以上に素敵な観光地があって空いていたのでマタニティ旅行としてはちょうどよかったです。

公開はしてませんが、マタニティ旅行の思い出に妻専用にのムービーも作成しました。

以上、妊娠8ヶ月行ったマタニティ旅行の紹介でした。

スポンサーリンク

-マタニティ, 旅行

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5