旅行

沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット9選

沖縄旅行のドライブでどこに行くのがおすすめ?
Mama
Papa
実際にドライブで巡ったおすすめスポットを紹介しよう

沖縄旅行でやっておきたいことの一つとしてレンタカーを利用してドライブを楽しむことです。

本記事では沖縄本島で実際に走行してみて良かったドライブコースを紹介します。

本記事の内容

  1. 沖縄旅行でドライブをおすすめする理由
  2. 沖縄のドライブスポット
  3. 沖縄本島を効率的にドライブする方法

 

ドライブをおすすめする理由

沖縄旅行では絶対にドライブした方がいい理由です。

ココがおすすめ

  • 車の中から絶景鑑賞できる
  • 車でしか行けない魅力スポットがある
  • 信号が少ないのでドライブ気分を満喫できる

車の中から絶景鑑賞できる

沖縄の絶景スポットの中には車の中からでも見えるところが数多くあります。

通行料金も無料なので何度も行き来できるので絶景ドライブを何度も楽しむことができます。

観光スポット以外にも沿岸部をドライブをしていたら至る所で美しい海が数多く点在するので、思わぬ絶景に見ることができるかもしれません。

車でしか行けない魅力スポットがある

沖縄本島は南部の那覇市周辺意外にも中部や北部にもたくさんの観光スポットがあります。

南部の市街地はモノレールで巡ることができますが、それ以外の場所では電車・モノレールはありません。

有名スポットは長距離バスがありますが、自分の行きたいところを自由に立ち寄るためにで車を利用するの絶対良いです。

那覇市内から北部の末端の辺戸岬まで3時間もあればと到着するので本島をぐるっと一周するのも気軽に楽しむことができます。

信号が少ないのでドライブ気分を満喫

沖縄本島内は市街地を除けば沖縄本島は高速道路以外の道路でも信号を少なくでドライブ気分を十分に満喫することができます。

中部や北部エリアではドライブ中に走行するコースもシンプルに一本道が多いので地図を気にすることなくのんびりドライブすることができます。

 

おすすめ絶景ドライブコース

実際にドライブしてみて満足した絶景ドライブスポットを紹介します。

古宇利大橋

 

メモ

屋我地島と古宇利島とをつなぐ通行料が無料の全長1,960メートルの橋です。

沖縄本島のドライブ旅行には欠かせないスポットです。

橋の両サイドに無料の駐車場があるので、車を停車させて橋の歩道や浜辺を気軽に散歩できるのも魅力的です。

車の窓から沖縄本島内トップクラスのエメラルドグリーンの絶景が一望できます。

ニライカナイ橋

メモ

ニライカナイは沖縄では屈指のドライブスポットです。

全長約1,200mの長い橋のドライブしながらコバルトブルーのパノラマ絶景を楽しむことができます。

駐車場はないので可能な限り往復して絶景を楽しみましょう。

アメリカンビレッジ

 

メモ

アメリカンビレッジは夜になるとライトアップされた施設がとても綺麗です。

駐車スペースがたくさんあるので、レストランでの食事やショッピングで訪れた際に周辺をドライブしてみてはどうでしょうか。

昼間は沖縄の大自然の絶景を満喫して、夜にアメリカンビレッジのライトアップされたイルミネーションを楽しむのが王道コースです。

瀬長島ウミカジテラス

 

メモ

那覇空港からすぐに行くことができる瀬長島は地中海リゾートようなオシャレで建物が立ち並ぶスポットです。

建物の反対側には綺麗な海があって、展望できる高台にも車で行くことができます。

那覇空港付近でレンタカーを利用したしたら是非最初に訪れておきたいドライブスポットです。

奥武島

 

メモ

  • 住所:沖縄県南城市玉城奥武
  •  那覇市内からの所要時間:40分
  • 周辺観光スポット:玉泉洞、おきなわワールド

沖縄南部の玉城にある奥武島は周囲約1.6kmで気軽の島を一周することができます。

島の周囲では浅瀬の綺麗な海が広がり、そこまで観光客もいない穴場スポットなのでのんびりドライブを楽しみ方には絶対におすすめします。

島の入り口には有名な格安天ぷら屋さんがあるので、天ぷらをおやつにしながらドライブしてみてもいいですね。

瀬底大橋

メモ

沖縄本島ドライブの魅力の一つは、車で気軽に橋を渡って離島に行けることです。

瀬底島は周囲が約8kmの離島で、美ら海水族館の行く道の途中にある瀬底大橋から訪れることができます。

橋の左右にはコバルトブルーに輝く透明度の高い海に囲まれていて絶景ドライブを楽しませてくれます。

海中道路

メモ

ロング絶景ドライブを楽しみたい方は海中道路付近の観光スポットを巡るのがおすすめです。

浅い海域に作られた全長約4.75kmの県道ですが、エメラルドグリーン大パノラマ絶景が楽しめます。

安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島と4つの島に橋を渡って行くことができて冒険気分で沖縄ドライブを満喫しましょう。

海の駅あやはし館という道の駅も途中にあるのでドライブの休息にも最適な場所です

辺戸岬(県道58号)

メモ

沖縄本島の中部から北部の辺戸岬向かうルートに県道58号では大自然の山々と美しい海の間をひたすら走行できます。

片道1時間ほどの長距離ドライブコースですが、信号もほぼないのでのんびり過ごしたい日には最適なドライブスポットです。

北部 県道449号

メモ

沖縄本島中部の美ら海水族館に向かうルートの県道449号から沿岸部の絶景パノラマが楽しめます。

特に夕日の沈む時間帯では幻想的な夕焼けと海のコラボレーションが見ることができます。

沖縄本島を効率的にドライブする方法

レンタカーは空港で受け取りする

沖縄には数多くレンタカー会社がありますが、多くの場合は空港から送迎バスでレンタカー会社まで一旦向かいます。

利用者が多い混雑時は待ち時間が半端ないので結局空港についてから1〜2時間後にやっと出発になります。

レンタカー会社の中には那覇空港で受け取りできるプランあります。

何度か利用しましたが、沖縄の旅をスタートダッシュをするためにはお金を払ってでも利用する価値は十分にあります。

那覇市内の渋滞は避けて高速を利用

那覇市内は朝晩の通勤時間帯は信号も多いのと交通量が一気に増えるのでどうしても渋滞が発生します。

南部以外の中部や西部の観光地に那覇市内から少しでも北上して向かうときは高速道路をして渋滞を回避するのがおすすめです。

滞在時間に応じてドライブするエリアを決まる

沖縄本島の中部・北部に行くに連れて移動のロスが大きくなります。

1日だけのドライブであれば本島南部(おきなわワールド、斎場遺跡の方面)

の方がゆとりある移動ができます。

南部の方が観光スポットが凝縮されているので、短時間でもいろいろ立ち寄れます。

中部・北部に行く場合は2日以上の滞在期間がある方がいいです。

宿泊場所も北西部や中部のホテルにすれば那覇市内への往復時間が節約できます。

北部の辺戸岬の方面に行く場合は移動時間だけで半日以上はかかるので時間的に余裕がある方のみで良いです。

まとめ

今回の記事で紹介したドライブスポット以外にも素敵な場所は存在するのでドライブの旅で是非探してみてください。

ドライブしながら各地の観光スポットを弾丸で巡ったムービーをYouTubeにアップしてますのでぜひ旅の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-旅行

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5