旅行

沖縄旅行のインスタ映え定番スポット25選

沖縄旅行でおしゃれな写真が撮りたいけどインスタ映えするスポットってどこがおすすめ?
Mama
Papa
観光もできてインスタ映え写真が撮れる定番スポットを紹介しよう

南国の沖縄ならではのインスタ映えの写真が撮れるスポットがたくさんあります。

筆者自身も沖縄旅行の魅力にハマり何度も訪れる中でインスタ写真の撮影に没頭しました。

本記事では実際に訪れて満足した沖縄のインスタ映えスポットを紹介します。

ビーチ編

瀬長島 ウミカジテラス

 

ウミカジテラスまるで地中海を連想させるような真っ白の建物が立ち並び、沖縄特産の買い物や飲食を楽しむことができます。

テラスから見えるビーチは海水浴場ではないものの、透明度が高くて建物といっしょに撮影するとかなり映えます。

また、丘の上にある展望エリアからは那覇空港が一望でき、飛行機の離着陸を間近で見ることができます。

瀬長島には夕日スポットでもあるので 、いろんなシーンでインスタ映え写真が撮れる

奥武島

 

橋を渡って島巡りといえば沖縄旅行の定番ですが、南部にも車で行くことのできるところに奥武島があります。

橋の付近にある砂浜の規模はかなり小さいですが、透明度は高くて波もほとんどありません。

沖縄南部でのインスタ撮影のビーチには欠かせないスポットです。

ビーチは小規模だけど透明感のある海水はインスタ映え間違いなし

アラハビーチ

 

北谷村にある穴場スポットのアハラビーチは夕焼けの絶景スポットとして有名です。

アメリカンビレッジの近くに駐車場があるので、夕暮れ前からスタンバイして絶景の夕焼けビーチを撮影できます。

南国満開のビーチからの夕日鑑賞は心がかなり癒される

 

ハートロック

古宇利島の北部にティーヌ浜がという穴場ビーチからハート型の岩を撮ることができます。

古宇利大橋を渡って10分ほど車で走ったところにあるのでついでに立ち寄るにはちょうどよい距離感です。

駐車場から歩いてビーチまで歩いていく小さな砂浜を発見、朝10時ごろでしたが観光客がたくさんいてハートロックとの写真撮影を楽しんでいました。

人気スポットになってきているため思う存分撮影を楽しみたい方は平日の朝いちに立ち寄ることをおすすめ

万座ビーチ

万座ビーチリゾートにある万座ビーチは宿泊しなくても絶景ビーチを楽しむことができます。

水上アスレチックやパラソルなど撮影グッズもたくさん揃っています。

遊泳の時期以外でものんびり青い海を撮影するだけでも心が癒されます。

沖縄北西部のホテルで宿泊する場合はぜひ立ち寄っておきたいインスタ映えスポット

カフェ編

カフェくるくま

沖縄のオーシャンビューカフェなら南部にあるタイ料理のカフェくるくまに決まり。

屋外のテラス席からはタイ料理と青い海のインスタ映え抜群の写真が撮れます。

店外にも海を一望しながら散歩できるコースや博物館もあるので食事以外にも楽しめるスポットがたくさんあります。

休日のランチ時間帯は混むので事前予約がおすすめ

cafe 森のテラス

Cafe 森のテラスではは森の中にあるカフェで森林浴を満喫しながらちょっとひと休みできます。

テラス席からの森林と海をバックにカフェメニューとにインスタ撮影がおすすめです。

テラス席は3〜4席ほどしかないので混雑時は事前予約がおすすめ

農芸茶屋 四季の彩

沖縄中部の森カフェ農芸茶屋 四季の彩ではテラス席か森林浴を楽しめながら撮影できます。

料理の盛り付けもおしゃれなのでインスタ撮影にぴったりです。

静かな森林の中でゆったりとしたひとときを過ごせる森カフェ

ドライブ編

ニライカナイ橋

沖縄の旅行ガイドブックには必ずといつまで載っている絶景スポットのニライカナイ橋は車で通過するだけではなかなかベストなフォトジェニック写真が撮れません。

橋を登ったところの側道から徒歩行ける展望スポットからはニライカナイ橋パノラマ撮影が楽しめます。

ニライカナイ橋全体をフレームに抑えた絶景写真は定番のインスタ写真が撮れる

知念岬公園

ニライカナイ橋から海岸沿いを車で5分ほど行ったところに知念岬公園で休息しました。

撮影シンボルは特にありませんが、 崖の高台から沖縄本島の東の海を一望できるスポットです。

知念岬公園は穴場の絶景公園、人もそこまで多くないので自由にインスタ撮影できる

古宇利大橋

沖縄の定番インスタ撮影スポットです。

朝の早い時間帯では観光客もまだ少なく、橋の両側には無料駐車場があるので思うで車を停めて橋の歩道やビーチでインスタ撮影を思う存分楽しめます。

沖縄に訪れたときは毎回この古宇利大橋にいって絶景楽しむほどリピート率が高いインスタ撮影スポット

沖縄美ら海水族館

沖縄の観光スポットで一番人気の美ら海水族館では大パノラマの水槽からジンベイザメなどの海洋生物との2ショットが撮れます。

水族館の周囲には海洋公園にもあるのでビーチでのインスタ撮影もできます。

混雑時は館内はとにかく人が多いので撮影タイミングを調整する必要あり

古宇利オーシャンタワー

古宇利大橋や古宇利島を展望できる古宇利オーシャンタワーは比較的新しい施設なので建物もインスタ映えスポットがたくさんあります。

園内では自動運転カートになってタワーに向かって登りながら絶景を眺めることができます。

施設内にあるレストランのテラス席からのインスタ写真を独り占めできる

万座毛

無料の駐車場に車を停めて崖の上を散策できるコースがあり象の鼻の岩の撮影ができます。

象の鼻の岩の反対側からは 万座ビーチを一望できるので大パノラマ撮影に絶好のインスタ映えスポットでしょう。

柵等がないので撮影時は足元は十分に注意が必要

果報バンタ

 

沖縄本島の東部に移動して絶景スポット報(かふう)バンタに到着。

天気の良い日には丘の上からとてもきれいで透き通ったエメラルドグリーンの海を撮影することができます。

西海岸のリゾートエリアから少し遠いけど十分の行く価値はあるインスタ映えスポット

金城石畳道

 

首里城付近にある金城石畳道では琉球王朝時代の城下町の雰囲気を感じならが散策できるインスタ映えスポットです。

300mほどの石畳道を往復して当時の雰囲気を味わいながら沖縄市内のバックに石畳道のインスタ撮影ができます。

首里城に訪れた時に必ず立ち寄りたいインスタ映えスポット

自然編

備瀬フクギ並木

北部の美ら海水族館に立ち寄った時にあわせて訪れたいスポットの備瀬フクギ並木です。

並木の間に差し込んだ陽射しに照らされながら並木道を散策してインスタ映え写真の撮影を楽しむことができます。

レンタサイクルのサービスも近辺でたくさんあるのでサイクリングで一気にフクギ並木を駆け抜けながら動画を撮るのもオススメです。

早朝に訪れて幻想的な並木の中でインスタ写真を撮るのがおすすめ

玉泉洞

日本でも有数の美しい鍾乳洞スポットの沖縄ワールドにある玉泉洞は神秘的な自然の洞窟を探検できます。

洞窟内にある青い泉はインスタ映え写真の定番撮影スポットです。

洞窟内なので雨天でも関係なくインスタ写真が撮れる

辺戸岬

沖縄本島の最北端の辺戸岬では断崖絶壁に波がぶつかるダイナミックな写真が撮れます。

遊歩道にはかりゆしの象があるのでいっしょに記念撮影しましょう。

天気が良い日にが海の青さがより際立つ

ビオスの丘

 

沖縄本島中部のうるま市にあるビオスの丘には広大の敷地の中で亜熱帯の植物との写真撮影がおすすめです。

水牛車に乗っあり空中ブランコで遊んだりなどちょっと変わったインスタ写真を撮りたい方はおすすめのスポットです。

園内では沖縄らしい亜熱帯の象徴的な写真が撮れる

グスク編

座喜味城跡

沖縄本島から中部に北上して、沖縄の観光スポットめぐりでは欠かせない世界遺産の座喜味城跡。

城の建物はないですが立派な城壁や高台から見える絶景がとても魅力的です。

夕焼けと城壁のコラボ写真はまさに圧巻

今帰仁城跡

沖縄の城跡の中でも広大の城壁を見ることができる今帰仁城跡にはインスタ映えスポットが数多くあります。

鑑賞料400円かかりますが敷地内は他の城跡と比べて広くて建物および景色もとても見ごたえがあり、インスタ写真を取りに行く価値は十分にあります。

城跡の御内原というところからは 沖縄の青い海背景にして素敵なインスタ写真が撮れる

中城城跡

自然の岩石を利用した美しい城壁の中を歩きながら 琉球王国時代の生活を連想させる神秘的な光景が撮影できます。

城内の規模は今帰仁城跡には負けないぐらいの広大な広さと沖縄の青い海も一望できるのでポイントとしては欠かせないスポットでしょう。

自然の岩石を利用した美しい城壁はちょっと変わったインスタ写真が撮れる

 

夜景編

美浜アメリカンビレッジ

アメリカンビレッジは素敵なイルミネーション風景が撮影できる沖縄有数の夜景スポットです。

時間に余裕がある方は観覧車に乗ってアメリカンビレッジ全体を見渡しながらイルミネーション写真を撮ればインスタ映え間違いなし。

アメリカンビレッジに訪れるなら絶対に夜の方がオススメ

花火大会

沖縄では夏の各地で花火大会が開催されます。

花火が打ち上げされる海上付近でが基本的に周囲に灯りがないので花火がとても幻想的な写真を撮影できます。

旅行中にタイミングがあえばぜひ立ち寄ってみたい

Papa
今後も沖縄には行くので新しいインスタ映えスポットを発見したら随時更新していきます
沖縄トラベルムービー

沖縄旅行の魅力をムービーにしましたのでこちらのもご覧ください。

スポンサーリンク

-旅行

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5