旅行

冬の沖縄 座間味島でレンタカーで楽しむ日帰り観光スポット10選

冬の沖縄でも海が綺麗な観光スポットににいきたいよ
Mama
Papa
沖縄本土からフェリーで気軽に行ける座間味島にはたくさんの絶景スポットがあります

本記事の内容

  1. 座間味島の行き方
  2. 座間味島でレンタカーで楽しむ日帰り観光スポット10選
  3. 座間味島の観光をおすすめする理由

 

沖縄の離島といえば宮古島や石垣島が有名ですが、沖縄本島の那覇からフェリーで気軽に行ける離島があることはご存知でしょうか。

今回紹介する座間味島はマリンアクティビティの聖地として有名ですが、沖縄本島の旅行オプションとしても魅力溢れる観光スポットです。

座間味島の行き方

 

  • 那覇市の泊港にある海の玄関口「とまりん」から出発
  • フェリーの便数は1日3便程度
  • チケットは窓口で購入か事前に電話で予約
  • 座間味港の往復チケットは大人6,080円

座間味島は、那覇市内からフェリーに乗って西に40キロほど離れた場所にある離島に向かいます。

那覇市の泊港にある海の玄関口「とまりん」からクイーンざまみの朝一便を利用するのがおすすめです。

座間味島での日帰り観光を予定していたので泊港を9時出発、帰りは座間味港16時20分出発のチケットを購入しました。

船の運行状況はシーズンや状況により随時変更となります。詳しくは、座間味村の公式HPよりご確認ください。

港の近くでレンタカーを利用

座間味港に着いたら交通手段を確保するために観光案内所で紹介された地図を頼りにレンタル店に向かいます。

私たち夫婦が利用したのは”座間味レンタカー”、自転車、バイク、軽自動車の3種類あります。

複数人いるのであれば軽自動車が絶対にコスパ良いのでおすすめです。

軽自動車の台数も限りがあるので、事前に予約しておく方が良いです。
(私たち自身予約してなかったのでギリギリ最後の1台をレンタルすることができました)

レンタカーがおすすめ

  • 座間味島は山道も多いので車で楽に目的地に到着できる
  • 冬の座間味でも結構熱いので、エアコンがある車は快適
  • 帰りのフェリーの時間までに島の主要な観光スポットを制覇できる
  • 節約した移動時間をビーチでのんびり過ごせる

座間味島のレンタカー会社は数社しかないので事前に予約しておきべきだね 
Mama

座間味島でレンタカーで楽しむ日帰り観光スポット10選

座間味島で訪れておきたい絶景スポットを紹介します。

古座間味ビーチ

車に乗ったら座間味島のメインビーチである古座間味ビーチに向かいます。

訪れたのは1月冬の季節でしたがこんなにきれいなエメラルドグリーンの海を見れるとは思いませんでした。

観光客も少ないので波の音がしっかり聞こえて、砂浜に座ってゆったり過ごしました。

古座間味ビーチは左右に綺麗なビーチが広がっていたので砂浜を散歩したり、浅瀬でき綺麗な海を眺めたりしながら写真撮影を楽しみました。

ダイビングや泳がなくてもずっと滞在できる座間味島の中では最も魅力的なビーチでした。

チシ展望台

古座間味ビーチから先に半島の先に向かうと断崖からケラマブルーを眺めることができる展望台に到着しました。

駐車城からすぐ近くに展望台の小屋があるので、周辺の絶景を鑑賞するだけなら所要時間が10分程度です。

トウマの浜

チシ展望台からさらに奥に細道を進むと座間味島では穴場の絶景ビーチであるトウマの浜に到着します。

車道が行き止まりになっているところに車を停めて、森の中を少し歩いていると絶景が広がるビーチに到着します。

私が訪れたときはほぼ貸し切り状態でプライベートビーチ感はより一層増して贅沢なひとときを過ごせました。

ガイドブックには載っていないことが多いですが、冒険気分で島の秘境に訪れた気分を味わえるのでバイクか自動車で散策をされる方は是非立ち寄ってみてください。

まるみ屋

座間味島内にはコンビニが1軒ありますが、飲食店はそこまでありません。

まるみ屋という座間味島で人気のレストランの沖縄料理を昼食を食べました。

沖縄料理のもずくチャンプルの定食を注文、離島で食べる沖縄料理もまた格別でした。

マリリンの像

座間味港から左周りにドライブを再会、港の近くにマリリンの像ととばれる犬の像があります。

座間味島の向かい川にある阿嘉島をみているそうで、いっしょに記念撮影をして次のスポットに向かいました。

阿真ビーチ

座間味港の近くには座間味島で有名な阿真ビーチがあります。

座間味港からのアクセスも良いので地元の方や観光客がビーチで遊んでいました。

ビーチサイドにはコテージやキャンブ場もあるので座間味島の海水浴場としては条件が揃っていると思いました。

写真をとった時間が少し曇り気味の天気だったのですが、快晴の時には綺麗なエメラルドグリーンの海を見ることができます。

女瀬の崎展望台

座間味島の西端にある展望台で、小さな駐車場に車をとめて岬にある展望スポットに向けて歩道が整備されています。

展望スポットには小屋があるだけで歩道の往復含めて所要時間は20分程度です。

崖の上からはダイナミックな海岸の景色小さな綺麗なビーチを鑑賞できます。

稲崎展望台

ホエールウオッチングでクジラが見れる展望台として有名な稲崎展望台に到着しました。

割と広め駐車場内に展望デッキが設置されているのでドライブの休息をしながら座間味島付近の沖縄の離島を眺めてました。

高月山展望台

座間味島内で屈指の展望公園施設で島内の様々なスポットを展望台から眺めることができます。

座間味港からもアクセスが良いので自転車でも訪れることができます。

展望公園内に2つの展望エリア(第一展望台と第二展望台)と広場や遊歩道があるので、絶景鑑賞しながら散歩するには最適なスポットでした。

ざまみむん市場

最後に座間味港にある特産品の販売店に立ち寄って沖縄本島に帰るフェリーを待ちました。

座間味島限定の特産品もあったので沖縄旅行の土産選びに是非立ち寄ってみてください。

座間味島で撮った絶景動画

座間味島で撮影した素敵な絶景動画をYoutubeにアップロードにしているので是非ご覧ください。

 

座間味島の観光をおすすめする理由

  • 冬でも綺麗なエメラルドグリーンの海が見れる
  • マリンレジャーをしない方でも離島観光が十分に楽しめる
  • 絶景の穴場ビーチでのんびり癒される

 

座間味島には沖縄の本土では味わえない離島の魅力がたくさん詰まってます。

マリンレジャーをしない方でも離島観光が十分に楽しめる絶景を眺めるビーチや展望台がたくさんあるので手軽に離島巡りをしたい人が是非立ち寄ってください。

以上です。

スポンサーリンク

-旅行

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5