妊活排卵誘発剤記録

稽留流産確定から6日目 自然排出

※自然排出の話になりますので、苦手な方はご遠慮ください※

体温の推移・症状
6/24 36.7度 症状は何となく胸がはる感じくらい
6/25 36.7度
6/26 36.6度
6/27 36.5度
6/28 36.5度

6月28日の夜から少しずつ出血がでてきました。

痛みは少しお腹がギューッと痛むくらいでした。

排出される際は痛みも強くなると

先生からの情報やインターネットに書いてありましたが、

もともと痛み止めを飲むのが好きではないので、

飲まずに様子をみていました。

6月29日の明け方から 徐々にお腹の痛みもさらに痛くなり、

(生理痛がもともとないので説明しづらいですが)

お腹が重いような、締め付けられるような、えぐられるような

よくわからない痛みが数分間隔でてきました。

その数分間隔の重い痛みの時に 一緒に出血もあり、

量は 生理2日目の多い時 よりもはるかに多かったです。

それが数時間続き、ついに最後のものすごい痛みの時に

何か塊のようなものがでてきました。

袋状になっており、これが胎嚢か~と思いました。

胎嚢が出た後は、痛みが不思議なくらいなくなりました。

それと 同時に悲しみもでてきました。

この日は主人がちょうど休みの日だったので

精神的に安心できました。

少量の出血は、続いたままです。

立ち眩みは少し程度でした。

(人によっては個人差あると思います。)

そのまま、朝を迎え主人と一緒に

もともと予約をしていたのでクリニックに受診することになりました。

クリニックについてからの話は、次の投稿にあげます。

 

スポンサーリンク

-妊活排卵誘発剤記録

© 2021 ~ママ’s & パパ’s Discovery~ Powered by AFFINGER5